イベント

レポート

フジ薬局全体研修会が行われました。

日時
2017年8月6日 (日)9:30~11:30
会場
郡山市立中央公民館

フジ薬局全体研修会が8月に行われました。

フジ薬局全体研修会はフジ薬局の全スタッフが参加して毎年行っている研修会です。

今回は第一三共エスファ㈱の木村様を講師にお迎えして「高齢者疑似体験」を行いました。

テーマの目標としては、

①高齢者の気持ちを理解する。

②高齢者の立場にたって、考えられる姿勢を身に付ける。

③加齢に伴う身体的変化を理解する。

です。

体験を終えての感想としては、耳が聞こえづらいことで孤独感を感じる、一人で湿布を貼りづらい、近くの物は何とか見えるが錠剤など一度落としてしまうとどこに落ちたか探すことができないなどが出ました。

私たちが思っている以上に高齢者の方は耳が聞こえづらい、目が見えづらい、体が思うように動かないという身体的不自由さを感じていることがわかりました。またお薬の説明など伝わっていると思っていたことも伝わっていなかったかもしれないと感じた、という感想もありました。

これからの対策として、焦らせずに相手のペースに合わせる、自尊心を傷つけないように接する、待合室の整理整頓をする、相手の様子を見ながら必要に応じて動作を手伝うなど、相手の立場に立ったものの考え方が必要だという意見が出ました。

今回の研修を通して、相手の立場に立って物事を考える事の重要性を改めて考える機会となり、貴重な体験をさせていただきました。今後の患者様との向き合い方に活かしていきたいと思います。

 

 

PageTop